山本

サービス管理責任者

  • 2014年
  • 鳥見作業所
  • 鈴鹿医療科学大学

よつ葉の会で福祉は『人』がすべてだと再認識し、常にそれを感じられる

私は幼少の頃から祖母のことが好きでいわゆるおばあちゃん子だったことと、将来は人に関わることを職業にしたいと想い描いていたことが理由で福祉を志しました。

大学では高齢者福祉を中心に学び、就職先は高齢者福祉を行っているところにするだろうなと漠然と考えていました。

私が初めてよつ葉の会を知ったのは就職活動中のイベントでのことでした。業界特化のイベントだったので、出展しているのは全て社会福祉を事業としている法人ばかりでした。

その日にいくつかの法人を回り就職先を検討しようと思っていたところ、たまたま足を運んだよつ葉の会のブースで担当者が学生に対してとても丁寧に接していることを目の当たりにしました。

私はその様子から同じ福祉であってもそれを行う人が異なれば、内容は全く違うものになると感じ、改めて福祉における『人』の大切さに気付き、よつ葉の会に対して大きな興味を抱いたことを今でも覚えています。

また、よつ葉の会は高齢者福祉事業の他に障害者福祉事業や保育関連事業も行っています。

もともと人に関わることに興味があった私にとって、福祉を通じて様々な方との関わりを持つことができるという点も魅力に映りました。

よつ葉の会では事業領域を限定することなく職員の異動が行われており、福祉に携わる者として大きく成長ができる環境です。

実際に私は現在、鳥見作業所という障害者福祉事業に関わる現場で勤務をしています。

個人の希望や適性を判断して、スペシャリストとして道を歩むのか、ゼネラリストとしての道を歩むのか、将来の可能性が大きく広がっていることもよつ葉の会の強みです。